• HOME
  • BLOG
  • ニュース
  • お取り寄せグルメ。「花鳥風月」や「火風鼎」など東北のご当地ラーメンを自宅で味わう

お取り寄せグルメ。「花鳥風月」や「火風鼎」など東北のご当地ラーメンを自宅で味わう

WITHコロナが継続中の今、気軽に旅行をしたり、外食をする機会が格段に少なくなってきている。そうはいっても、家での食事だけでは飽き飽きしているのではないだろうか? そんなときにうってつけの家ご飯を発見した。
ラーメン
日本人男性の国民食といっても過言ではないラーメンのお取り寄せだ。なかでも今、東北地方のラーメンに力をいれた通販企画に注目が集まっているという。東北へ旅行に行ったとしても、限られた日数の中で多くの人気ラーメン店を巡るとなるとよほどのマニアでないとなかなか難しい。帰宅後に“あそこのラーメンも味わいたかった”と悔やむことも。そんな心理を上手く汲みとった企画といえるだろう。

目次

「花鳥風月」や「火風鼎」など、東北の有名ラーメンが家で食べられる

国内最大級のラーメン通販サイト「宅麺.com」では、地方の有名ラーメン店を集めた販売企画『お取り寄せラーメンでめぐるニッポンの名店!』を開催。その第4弾として、東北地方の有名ラーメン店7店舗から7商品を順次販売中で、すでに入荷待ちの店舗も出ているほどの盛況ぶり。

全国のラーメン店239店舗、338商品を取り扱うラーメン通販サイト

「宅麺.com」は、日本全国の有名ラーメン店で実際に提供されているスープと麺および、具材をそのまま冷凍して届けることで「お店と同じ味」を好きな場所で気軽に楽める国内最大級のラーメン通販サイト。2022年8月17日現在、全国239店舗の有名ラーメン店がパートナー店舗として加盟、338商品を取り扱っており、会員数は41万人を突破したという。東北ラーメン以外も有名店のラーメンが家で食べられるのは嬉しい。

東北地方には、白河ラーメンや喜多方ラーメン、酒田ラーメンなど数多くのご当地ラーメンが存在している。外食のラーメン消費量は国内でもトップクラスで、非常にラーメン文化豊かな土地なのだ。「宅麺.com」では、東日本大震災が発生した2011年に「東北復興の一端を担いたい」という想いから、東北地方のラーメン店に対して積極的に出店の打診を行ってきたが、交渉が難航し出店に至った店はごく僅かだった。

それから11年が経過し、改めて東北ラーメン文化の魅力を取り寄せで伝えたいと打診したところ、11年前のことを覚えていて、「あの時はできなかったが、ぜひ参加したい」と返事をくれるラーメン店もあり、本企画の開催に至ったという。そんな熱い思いがこの企画には込められている。

東北のお取り寄せラーメン7店

■湯の台食堂(秋田県にかほ市)中華そば

〜老舗の食堂中華そば。大自然に現る奇跡の行列〜

丁寧に作り込まれた優しさに溢れる至極の中華そば

秋田県にかほ市の田舎町に突如として現れる行列店。親の代から続く創業50年の食堂を引き継ぎ、中華そばで見事に有名店の仲間入りを果たした。驚愕の自家製モチモチ手揉み麺は、弾力、香りとも桁違い。こだわり抜いた醤油スープは店主の優しくて一本気な性格そのままに温かくも力強さを感じることのできる味わいだ。奇跡の行列を作り出す秋田の名店の味をとくとご堪能あれ。

驚きのもちもち食感。打ち立ての自家製麺そのままに

グルテンが強靭な小麦「銀河のちから」は粘着力と弾力に優れており、噛みごたえのある仕上がりに。手揉みをした麺は中〜極太までランダムな不揃いの麺となり、さまざまな食感で最後まで食べ飽きない。縮れ麺がスープを上品に絡めとり、舌の上でうねりを生み出すことによって舌触りも楽しめる。打ち立ての麺をすぐに袋詰し冷凍しているため鮮度抜群、小麦の豊かな香りも店舗で提供している麺と遜色ない。店主のこだわりがそこにも活かされている。

こだわりの醤油に多種な出汁を感じるあっさり系こくまろスープ

スープはこだわり抜いた醤油石孫本店『百寿』の生醤油、ヤマロクの『鶴醤』『菊醤』を独自にブレンド。昆布や煮干し、鶏や鴨の出汁が効いたまろやかでコクのあるスープは最後の一滴まで飲み干したくなる。化学調味料を使用しておらず、具材との調和が取れており優しい味わいに。老若男女問わず万人から愛される懐かしい中華そばの味にして、奥深さ、まろやかさ、キレ、全てを高いレベルでまとった、舌を巻くレベルのあっさりスープだ。

大自然の中に隠れた名店あり。秋田が誇る奇跡の行列店

悠然とそびえる鳥海山のふもとにポツンとある「湯の台食堂」。車でしか行くことができない場所にありながらも、連日行列のできる超人気店。店主は以前に東京の有名店にて修行を積んでおり、ご家族が経営していた50年以上の歴史を誇る食堂が、一時閉店となった影響でそのまま食堂をラーメン店として引き継ぐことになった。

特に何も宣伝せずに、ひっそりとオープンさせたはずの同店は、お盆初日に数十名の行列が出来たというから驚きである。ラーメンフリークの間でまたたく間に話題となり、地元民の知ることとなった同店は、すぐに行列店へと成長する。行列があまりに不釣り合いな場所、自然の中に存在する湯の台食堂。正に、秋田が誇る奇跡の行列店と呼ぶに相応しい。 優しいが、一本筋の通った店主の性格そのままに、温かくも力強さを感じることのできる、超ハイレベルな逸品だ。

■麺屋くまがい(宮城県仙台市)濃厚塩鶏そば

〜【新商品】仙台屈指の実力!ポタージュ系鶏白湯の人気店〜

丁寧に工程を重ねて抽出し尽くした濃厚な鶏の旨味が歯切れよい特製自家製麺と絡み合う。まろやかでキレのいい魅惑のポタージュスープ。一度口にすれば完飲せずにはいられない。

繊細な鶏の旨味を余すことなく抽出した濃厚ポタージュスープ

「鶏のポタージュ」と比喩されるほどマイルドで旨味が凝縮した琥珀色の濃厚鶏白湯スープ。1度に80kgも使用するという鶏ガラにモミジや香味野菜を加えて約6時間も強火で炊き続ける。理想の味と濃度を追い求めて最後の最後まで材料の旨味を絞り出した粘度の高いスープは、鶏本来の力強い味わいと魚介の旨味を効かせた塩タレが醸し出すまろやかでキレのいい繊細な味が絶品。鼻腔をくすぐる鶏の香りと口腔にまったりまとわりつく滑らかな口当たりにレンゲの動きが止まらない。シャキシャキとした食感や爽やかな香りがスープと抜群に合う刻み玉ねぎや青ねぎもトッピングにオススメ。

宮城県産”夏黄金”使用。パツっと弾ける自家製ストレート麺

濃厚ポタージュスープがよく絡む特製麺には宮城県産の夏黄金を使用。伸びにくいように卵白も加えられた低加水の細ストレート麺は、歯切れがよくパツっと弾けるような軽快な食感とコシが特徴。濃厚さに屈せず染まらない自家製麺の風味豊かな小麦の香りとスープとの相性を考え抜かれた麺の形状がこだわりの証。香ばしい豚バラ肉のチャーシューと上品な舌触りの鶏胸肉の”鶏チャーシュー”のジューシーな2つの味わいもしっかり堪能できる。

仙台屈指の人気店。元美容師店主の真摯な鶏への追求心

仙台の実力店で修業を積んだ熊谷店主が2013年に独立しオープン。前職の美容師時代に運命的な出会いをした修行先のラーメンの味に感動しラーメンの道へ飛び込む。近年では自らの手で作り上げる自家製麺を取り入れたりと美味しさへの追求心とラーメン作りへの探求心は留まることを知らない。前職の経験も活かされ、今では仙台で知らない人はいないポタージュ系鶏ラーメンの名店に。

■花鳥風月(山形県酒田市)海老ワンタンメン

〜【新商品】世界も唸った本物の味!伝統の酒田ラーメン〜

透き通る魚介スープのすっきりとした旨味は、庄内地方で歴史を紡いできた酒田ラーメンの真骨頂。ふわプリ海老ワンタンともっちりちぢれ麺の美味さと食感が抜群な満足感を誇る一杯。

魚介の旨味と酒田の伝統が詰まったコク旨すっきりスープ

鯛を中心に、酒田でお馴染みの昆布、煮干、さば節、かつお節をブレンドした魚介ベースのスープ。さらに、手間を惜しまず丁寧に下処理されたゲンコツや厳選された親鶏もふんだんに使用。すっきりとしながらもコクがあり魚の臭みを感じさせない上品な風味を演出したスープは、最後の一滴まで飲み干したくなる仕上がり。魚介の出汁が五臓六腑に染み渡るこだわりのスープはどこか懐かしくほっとする味わいに。

美しさにも魅了される。とろける海老ワンタンともちもち熟成多加水麺

魚介ベースのすっきりスープに合わせるのは製造してから3~4日間熟成させる自家製熟成麺。数種類の独自の粉をブレンドして製造するオリジナルちぢれ麺はもちもちっとした食感とコシのある歯応えを存分に堪能でき、勢いよくすすった時の心地よい感触と力強く持ち上げられるスープの香りが癖になる。さらに目を引くのは海老を一尾まるごと贅沢に包み込んだ海老ワンタン。ふわっと柔らかくとろっととろける極薄ワンタン生地とプリプリと弾けそうな海老の食感は感動の域。視覚と味覚で魅了する満足度の高さと味は花鳥風月でしか味わえない。

本物の”酒田ラーメン”を食べてほしい。受け継がれてきた味と想い

佐藤店主の地元である庄内地方で「本物の酒田ラーメンをたくさんの人に食べてもらいたい」という想いを胸に2006年に創業。山形県で100年の歴史を誇る酒田ラーメンの伝統を守りながらワンタンに海老を一尾まるごと包み込んだオリジナルの海老ワンタン麺が看板メニュー。ニューヨークで開催されたJAPAN Fesでは堂々3位に選ばれ、ニューヨーカーからも認められた海老ワンタン麺が、酒田の味を世界へ知らしめた。万人を魅了する本物の味。

■火風鼎(福島県白河市)火風鼎手打チャーシュー麺

〜【新商品】40年の歴史!洗練された白河ラーメンの銘店〜

白河ラーメンの名門が降臨。ご当地ラーメンの宝庫でもある東北地方において古い歴史と数多くの名店を持つ白河ラーメン。その中でも異彩を放ち、特に麺は他の追随を一切許さない唯一無二の「火風鼎麺」だ。

香り高き鶏油と、スッキリした薄口醤油のマリアージュ

スッキリとした醤油味が特徴で長い歴史を持ち、今や市内でも100店舗を超えるといわれている白河ラーメン。そんな中、異彩を放ち地元民を中心に絶大な人気を誇る火風鼎。香り高き鶏油は国産鶏からじっくり丁寧に抽出しておりスープに、そして麺に上品に絡みつく。上質な薄口醤油はスッキリとした口当たりと爽やかな後味が特徴で絶品鶏油とのマリアージュは垂涎ものだ。日本人なら誰もが好むあっさりした醤油味の中華そばだ。

他では絶対に味わうことのできないこの世にたった一つの手打麺

多加水麺が特徴の白河ラーメンだが火風鼎の麺ひと味違う。なんといっても驚くのはその食感。少しぼそっとした口当たりと小麦の香りがこれでもかというレベルで口いっぱいに広がる麺は、絶対に他のお店では味わうことができない。こだわりが強く冷凍することに相当葛藤した店主は、茹でる際、お客様にとにかく麺を傷つけないよう優しく丁寧に扱ってもらいたいと願っている。一度食べたらわかるこの唯一無二の手打麺。独特の食感と、スッキリ醤油スープとの相性が抜群。

40年以上の歴史を紡ぐ名店の物語

古い歴史を持つ白河ラーメンの中でも開業42年という古さを誇る火風鼎。ただ一途に麺を打ちラーメンに人生をつぎ込んできた店主ファミリーの重みが一杯のラーメンにぎゅっと濃縮されている。お客様に喜んでいただきたいという店主ファミリーの一途な想いだけでこれまで突き進んできた同店。長男は栃木県那須の名店「手打焔」の創業店主だ。まさにラーメンエリート一家。そんな長男誉幸氏は語る。「親父の打つ麺は世界一だと思っています」と。なんとも温かみある一家が紡いできた火風鼎の物語を。福島県白河地方より、いざ全国へ!

■秋刀魚だし黒船(岩手県大船渡市)秋刀魚だしラーメン醤油

〜【新商品】地元食材で一麺一魂!大船渡を代表する名店〜

秋刀魚と地鶏の出汁が効いた優しい黄金スープと、つるっと喉越しの良い自家製麺との親和性が抜群。震災を乗り越え、復興に向けて地域を引っ張っていく岩手県大船渡を代表する名店。

地元の秋刀魚の出汁からとれる品のあるスープ

秋刀魚をはじめとした魚介と地元の南部どりや豚の動物系の旨味が混ざり合い凝縮された黄金スープ。カエシの醤油感が強く主張をした後に出汁のすっきりとした味わいが全体を包み込み飲み干せるほどだ。魚臭さは一切なく誰もが親しみを持てる優しい味わい。緻密な計算で絶妙なバランスが保たれたハイクオリティな仕上がりはさすが。

魂こがして一麺一魂。小麦香る全粒粉入り自家製ストレート細麺

銀河のちからを中心に岩手県産小麦を100%ブレンドした、喉越し良し香り良しの自家製麺。加水率高めの艶と歯ごたえのある麺はスープの油を適度にすくって輝きを放ち、抵抗を受けることなくスルスルと口内へと運び込まれる。つるっと舌触りも良く秋刀魚の風味をほんのりと纏い小麦の香りとともに優しく語りかけてくる。この麺とスープの親和性は計り知れない。

岩手県大船渡を代表する名店。震災を乗り越え、復興に向けて地域を引っ張っぱる存在

全国トップクラスの水揚げ量を誇る大船渡の秋刀魚、岩手県の銘柄鶏でもある南部どりと、地元の食材を使用することで県外のから食べに来てもらえるよう20年以上もこだわり続けている。実際に駐車場には県外ナンバーも多く、全国からこの味を求めてやってくるほど岩手県では超のつくほど有名店。幾多の苦境を乗り越えた全国に名を轟かす名店がついに宅麺登場。

■食堂はせ川(福島県喜多方市)淡麗醤油中華そば

〜【新商品】伝統と進化の味わい!”ネオ”喜多方ラーメン〜

喜多方ラーメンの伝統と技術を引き継ぎ、麺そのままに、スープはスッキリとしながら、醤油のコクとキレ十分な新進気鋭の一杯。

シャープな醤油のキレ、魚介のじんわり優しい出汁が見事に融合

スッキリとした口当たりと後味が特徴の淡麗系スープ。鶏の香りが口一杯に広がりじんわりと優しく体を包み込む。煮干、昆布、野菜など、それぞれが上品なバランスを保ち、日本人なら老若男女問わず好む味わいだ。臭みやえぐみが一切なく、優しい醤油の味が奥深い出汁の味とともにゆっくりと広がっていく。ラーメン王国福島県で90年に渡りその地位を保ち続けてきた「喜多方ラーメン」。伝統の味に現代の技術を重ねたネオ喜多方ラーメンが人気通販に登場。

多加水、ちぢれ、中太幅広麺!これぞ伝統の喜多方麺

何といっても喜多方ラーメンの一番の特徴はその麺。加水率は高めでプリプリとした食感が魅力。瑞々しい噛み心地やツルツルとした啜り心地、更に噛めば噛むほど広がる小麦の香りと甘さ。長年ご当地ラーメンの代表とも言われるほどに日本中で愛される喜多方の麺。スープとの相性もぴったりでわずかに縮れて、ウェーブのかかった麺を啜ると鼻腔を突き抜ける鶏の優しい香りと醤油の風味が堪らない。

「変わることで守り続けるものがある」。二代目店主の覚悟

伝統の喜多方ラーメンに、新たな息吹を吹き込んだのが二代目店主の長谷川氏。伝統を受け継ぎつつも新しいチャレンジを志し、自らの感性と技術により他にはない「ネオ喜多方ラーメン」を生み出した。

自身が幼少時代より「自分ならこうする」といつも頭で考えながらラーメンを食べて育っていたため、お店を継いだときには様々なものを変え周囲の反発も大きかったそ。いつの時代も、変化には相当なエネルギーを要するが、長谷川店主は強い志しとともに今の新しい喜多方ラーメンを生み出したのだ。

中華そばひらこ屋(青森県青森市)―辛い煮干ソバ

〜【新商品】津軽の煮干と辛味!青森の旨味満載の一杯〜

数種類の辛味を加えることで中毒性が増した濃口煮干スープの濃厚な煮干の旨味とコクが、もちもち自家製麺に乗って襲来。地元食材を使用したトッピングは青森の旨味がぎっしり。

やみつき必至。厳選した煮干の旨味と津軽伝統の辛味が織り成す特製スープ

平子イワシをはじめ各地から厳選した煮干の特徴や、季節、気温によって異なる調整や処理を施した”濃口煮干スープ”には、濃厚な旨味とコクが凝縮。複数種類の醤油を状況に合わせてブレンドしたカエシが引き立てる煮干の風味は、合わさった動物系スープを凌駕し味わいが最後まで持続。

津軽地方で受け継がれてきた清水森ナンバなど、それぞれ味の違う数種類の辛味と刺激が加わることで、ガツンとスパイシーな旨辛仕様に。濃いめの味付けながら煮干の香りもしっかり感じられ、自家製麺とのバランスも抜群なスープを口にすれば、ひらこ屋が最も大事にしている「スープ」への情熱とこだわりを感じられる。

密な配合と丹精込めた製法。もちもち食感の自家製麺と青森の旨味が詰まったトッピング

15年以上前から記録を重ねてきた製麺データをもとに、その日の気温や湿度で加水率や小麦の配合を変えたこだわりの麺。山芋を使用することで麺線のつなぎとコシを出した麺は、かんすいを最低限まで抑えることで、小麦本来の風味を強く感じられる。2種類の小麦を配合することで生まれる、もちもちとした独特な食感は、濃い口煮干しスープと絶妙に絡み、わしわしと夢中で頬張りたくなる美味しさ。

地元産の十和田ガーリック豚も部位ごとに調理法を変えて2種類のチャーシューを仕込む。特製メンマは、乾燥メンマから3日かけてじっくりもどしたものを、煮干出汁と醤油ベースのタレで煮込むことで、シャキシャキとした歯ごたえを残し、煮干の旨味が詰まった独自の仕上がりに。

青森屈指の人気店。美味しさの秘訣はラーメンへの情熱と細部に至るこだわり

数多くの煮干ラーメン店が犇めく青森県内でも、トップレベルの人気を誇る「中華そばひらこ屋」。小さい頃はラーメンが好きではなかったという三上店主。苦手だった煮干ラーメンの概念を変え人生に影響を与える名店との出会いをきっかけにラーメンの奥深さに魅了。「どこにもないラーメンを作りたい」という思いを胸にラーメンの研究に没頭。28歳で開業するや否や飽くなきこだわりと強い想いから生まれたラーメンが人気を呼び、瞬く間に青森を代表する人気店に。

こだわりをもったサイトが自信をもって送る東北名店ラーメン。できるだけお店と同じ味を味わうために、説明書をじっくり読み込んでから作るのがいいだろう。是非東北へ旅行せずに家で名店ラーメンを堪能してみてほしい。新しい世界が開けるはずだ。

※上記7商品は、「宅麺.com」の会員ランクに応じて順次販売。品がなくなり次第販売終了となりますので予めご了承ください。

宅麺.comボタン

 

構成・文/後藤麻衣

関連記事一覧